Blog&column
ブログ・コラム

短期間で営業成績を上げたい方は、アメリカ式営業スキルを試してみましょう

query_builder 2021/05/17
コラム
paper-3309829_1920

<営業スキルで相手のニーズを探りだすだけでは売れません>

営業活動は「相手の欲しがっているものを見つけ出し、それを売る事」ですが、日本の営業研修ではそれを「ニーズを探る」と学びます。

しかしアメリカの営業研修では「プローブ」という営業スキルを学びます。
「プローブ」とは「探り針」の事で、「相手の考えている事や心理を探る事」を意味します。
したがって「単なる相手が欲しがっているモノ」を探るのではありません。

相手が欲しがっているものを見つけ出しても、それを欲しがっている心理・動機が分からないと、売りこむ事は出来ません。
たとえば、相手がある機器を欲しがっているとします。
しかしその動機が「ライバルに負けたくないため」「自分はこれとは違う方が良いと思うが、上司がこれと言うので」「この器械で成果を上げたいため」「上司にほめられたいため」など色々あります。

相手に買う気を起こさせるには、その動機を満足させる必要があります。

「動機」はしょっちゅう変化します。つまり「相手の今、現在の気持ち・心理状態を探る」事で相手の気持ちを知り、それを満足させ、営業成績を上げる事が出来るのです。

 

営業は心理学です

Amazon電子書籍Kindle「3000人の営業同行の現場から~パート1」は営業スキルについて、アメリカ式の手法を伝えています。これは日本で使われていない営業スキルです。
相手の心理をコントロールしながら売りこむ方法なのです。

相手は気づかないうちに営業マンにより「自分の動機を満足させられて」います。つまりクロージングに導かれています。
この記事を読んでいるあなたは「営業が上手になりたい」「売り上げを上げて昇給したい」「出世したい」「目標を達成したい」などの目標を持っていると思います。
この本を読んでその方法を学んでみて下さい。

私自身、この方法で半年で担当エリアの売り上げを4倍にする事が出来ました。
特に相手が弱かったわけでもなく、こちらの商材が優れていたわけでもありません。売りこみ相手の心理を良く理解する事で、クロージング率があがったのでした。

私がコンサルタントとして訓練した企業は、半年で「見積書の提出数が9倍」になりました。
この会社では、見積書が受理されると9割が成約するのです。その半期の数字は飛躍的に伸びました。

 

Youtube で営業スキルを学びましょう

営業スキルを学ぶ為のノウハウは、Youtube でも学べます。

「アメリカ式営業スキルをYoutube画像で学ぶ」をクリックすると、31のYoutube 画像が表示されます。私が分かりやすく解説していますので、こちらもぜひご覧下さい。

 

営業研修のお問い合わせ

営業マン研修は、現在営業同行研修がコロナ禍で実施がむつかしく、お休みしております。その代わりにオンラインでの研修を行っております。研修をご検討されているご担当者様は、「お問い合わせ」から一般社団法人メンター宛、お問い合わせください。折り返しご連絡申し上げます。

一般社団法人メンター 代表理事 池田和政

NEW

  • おすすめの営業本:新卒営業マンが知っておくべき売上げアップの営業スキル

    query_builder 2022/04/27
  • 営業マンは特長のみを話して利点を伝えていません

    query_builder 2022/04/20
  • 売り上げを上げるために工夫をされている中小企業経営者のみなさんへのご提案

    query_builder 2022/04/19
  • 営業力をつけたいとお考えの中小企業経営者の皆様へのご提案

    query_builder 2022/04/18
  • 新卒営業マンが入社前に営業の仕組みを理解し、短期間で実践的な営業スキルを学べるおすすめの営業本を...

    query_builder 2022/03/02

CATEGORY

ARCHIVE