Blog&column
ブログ・コラム

営業本とYoutube 画像で「短期間で成果を出せる」営業マンスキルを身につけましょう

query_builder 2021/01/11
コラム
「3,000人の営業同行の現場から」表紙

コロナ禍で営業がうまくいかないと悩んでおられませんか?Web営業になっても営業マンに求められる営業スキルは、変わりません。

営業本「3000人の営業同行の現場から~パート1」「パート2」では、営業マンの営業力を驚くほど短期間でアップする方法がたくさん記されています。

パート1は、日本の営業マンがほとんど実践していないアメリカ式の営業スキルについて記しています。

パート2では営業マネージャー向けに、営業コーチングについて記しています。日本の営業本は営業コーチングについて、実践的な事例を記したものが少ないですが、この営業本ではたくさんのケース・スタディが掲載されいます。

ぜひご一読下さい。

 

「アメリカ式営業スキル」は、日本の営業スキルと全然違う?

上記タイトルをクリックしてみて下さい。Youtube画像が現れます。

これは私がアメリカの営業マン研修で学んだ営業スキルを日本で実施したら「半年で売り上げが4倍になった」方法についてお伝えしています。

皆さんは、自分の営業スキルを誰に学びましたか?殆どの方が「先輩・上司から」だと思います。

しかし、どんな風に学びましたか?新卒の場合でも「ついて来い」「俺のする事をメモしてその通りにやれ」と言われた方が多いのではないでしょうか?

 

「俺の背中を見て学べ」

日本企業の営業マン研修は、ほぼこの方法です。つまり「教える」のではなく、板前さんや職人さん達の世界と同様、「キチンと説明するのではなく」「体で覚える」スタイルなのですね。

これに対してアメリカの営業マン研修は、数週間から半年ほどをかけて非常に実践的なロールプレイングなどを通して教えこみます。そこでは「個人技」「伝説のトップセールスの幻の職人芸」等はなく、誰が行っても必ず成果が出る営業スキルの継承が行われます。

日本の営業マン研修の多くは、上司や「伝説の営業マン」ですら「体系だった営業スキル」を教える事ができません。なぜならみなさん、自身の試行錯誤・経験だけで売っているので「なぜ売れるのか?」分析をした事もないので、分からないのです。

ですから「俺のやる通りやれば売れる」という職人芸を伝える言い方になってしまうのです。

 

例えば「相手が突然前向きな反応になった」のに、その理由が分からなければ、「たまたま売れる」事はあっても、そのノウハウを「部下に伝える」事ができません。

アメリカ式営業スキルなら「あの時こんな表情をした」「こんな仕草をした」「こちらのこの言葉に反応して、質問が始まった」など、具体的な説明をしながら解説するので、他のケースに応用が効くのです。

 

Youtube で営業スキルを学ぶ

アメリカ式営業スキルをYoutube画像で学ぶをクリックすると、31のYoutube 画像が表示されます。

もっと学びたいと言う方は、Amazon電子書籍Kindle「3000人の営業同行の現場から パート1」「パート2」をご覧下さい。

アメリカ式の「営業スキル」と上司としての「営業コーチングスキル」を学んで頂くことができます。

 

研修のお問い合わせ

営業マン研修は、現在営業同行研修がコロナ禍で実施がむつかしく、お休みしております。その代わりにオンラインでの研修を行っております。研修をご検討されているご担当者様は、「お問い合わせ」から一般社団法人メンター宛、お問い合わせください。折り返しご連絡申し上げます。

一般社団法人メンター 代表理事 池田和政

 

NEW

  • アメリカ式営業本では「ヒアリングスキル」は相手の目つき・仕草・行動を「リスン」する

    query_builder 2021/01/12
  • コロナ禍で営業本から学ぶ:営業マンは相手の変化・問題点に合わせた営業力が求められる

    query_builder 2021/01/12
  • 営業本から学ぶ: 営業マンは商談中「次に話す事を考えていると、ヒアリングができなくなります」

    query_builder 2021/01/11
  • 営業本とYoutube 画像で「短期間で成果を出せる」営業マンスキルを身につけましょう

    query_builder 2021/01/11
  • 営業本から営業スキルを学ぶ:営業マン同行ができないのは「予定が立てられない」のではなく、営業マネ...

    query_builder 2020/11/25

CATEGORY

ARCHIVE