Blog&column
ブログ・コラム

上司と部下の間で起こりやすいトラブルと対処法

query_builder 2021/07/15
コラム
brainstorm-business-colleagues-company
職場の上司と部下の間では、どんなトラブルが起こりやすいのでしょうか?具体例と対処法を見ていきます。

▼上司が部下に責任を押し付けてくる
チームでビジネスを行っている以上、チーム内での失敗はチーム全体の責任です。

昇進に関わるので自分の失敗を部下に押し付けたい、部下の失敗なので部下を責めて当然、という考えでは、なかなか職場の問題が解決しません。

また部下も「上司が悪い」と思っているだけでは問題は解決しません。

こうした問題を解決するには、「こういうトラブルが起こったら、こう対処する」という方法を事前に考えておく必要があるでしょう。

▼部下がちゃんと報連相をしてくれない
報連相とは「報告」「連絡」「相談」のことですが、上司としてきちんと部下に指示をしたとしても、実際は部下にきちんと伝わっていない場合が多く見受けられます。

部下も「上司に話しかけづらい」「忙しそうにしているので気を遣ってしまう」と考えている場合があります。

「部下はこのくらいやって当たり前だろう」という決めつけも良くありません。

どんな時に報連相が必要なのか判断基準を明確にして、それを部下と共有することが、問題解決のために効果的です。

▼まとめ
上司と部下の間では、さまざまなトラブルが起こりますが、コミュニケーションをしっかり取って判断基準を共有するなど対策を取れば、1つ1つ問題を解決していけます。

「どうやってこの状況を打開すればいいのか分からない」というかたは、マネジメント経験が豊富な一般社団法人メンターまで、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 営業スキルを学ぶには実践的な実例を載せた営業本をおすすめします

    query_builder 2021/06/30
  • 企業の新人・中途採用研修におすすめの営業本で営業スキルを身につけましょう

    query_builder 2021/06/21
  • 「就活は人生最初の営業活動」です。営業スキルをおすすめの営業本で学び採用面接で活用しましょう。

    query_builder 2021/06/10
  • 新人営業マン・中途採用の営業マンに営業本をおすすめします

    query_builder 2021/06/03

CATEGORY

ARCHIVE